内灘町 で 動物病院

内灘町近郊で犬や猫のお薬を買うために動物病院をお探しでお困りじゃないですか?そもそも近くや最寄り駅の近くにペットの動物病院が見つからない方は多いでしょうし、見つかっても必要なペットのお薬を処方できないケースもあるでしょう。ペットのお薬の処方以外に多大な診断費用を請求されたくはないですし、動物病院の評判も気になりますね。動物病院が必要になるケースと言えば、特に多いのがペットの寄生虫対策です。犬や猫をお飼いの場合はフィラリアやノミダニ対策のお薬が毎年必要になります。春から冬前まで油断していると繁殖するので、予防薬、駆除薬は常備が必要です。大抵の動物病院ではペットのお薬を処方してくれますが、案かなジェネリック薬がない場合や、人気のフィラリア薬が在庫切れなんてこともあります。ペットのお薬は個人輸入と言って自宅から通販購入できますので、手間いらずで便利ですね。

内灘町で動物病院をお探しですか?フィラリアとは別名を犬糸状虫といい、蚊が媒介する寄生虫です。フィラリアにかかっている動物の血を吸ったフイラリア蚊に刺されると、フィラリアの幼虫が体内に入り込んで刺された動物がフィラリアに感染してしまいます。 フィラリアは心肺機能を低下させ、場合によっては死に陥る恐ろしい病気ですが、予防薬によって防ぐことができます。 フィラリアの薬を投与するためには、採血によってフィラリアに感染していないかをまず調べます。感染していなければ月に1度、薬を投与していきます。薬といってもおやつのようになっているのでペットも好んで食べます。薬を与える時期は地域によって異なりますが、基本は5~12月の間です。獣医の指示に従って正しく処方しましょう。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 内灘町で動物病院をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、フィラリア予防薬などを取扱っております。日本は動物病院でしか手に入れることが出来ませんが、アメリカやその他の欧米諸国では、フィラリア予防薬、ノミマダニ予防薬などスーパーマーケットで市販されている位、安価で手に入れることが出来るのです。

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

フロントラインプラスがノミ・ダニ駆除に効果的な理由は、投薬するとペットの皮膚の下の皮脂腺をフィプロニルという有効成分が流れます。その後体表や被毛に分布しノミやマダニの中枢神経にのみ強く作用するからです。

ペットを病気から守る

マクロライド系の抗生物質で細菌の蛋白質の合成を阻害し増殖を防ぐ場合は、ジスロマック(ファイザー)のジェネリック医薬品の「アジー100mg」がオススメです。「アジー100mg」は細菌が原因の様々な病気に用いる抗生剤です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品