佐那河内村 で 動物病院

佐那河内村で動物病院をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

フィラリアの薬は要指示薬医薬品に指定されているので、薬局やドラッグストアで購入することはできません。フィラリアの薬は佐那河内村の動物病院で手に入れることができます。 フィラリア対策は蚊の季節に獣医さんにフィラリアの検査をしてもらい、フィラリアに感染していないことを確認した上で、ペットの体重に合わせた予防薬を処方してもらうのが理想です。検査は一般的には採血をして、体内にミクロフィラリアが存在するかどうかを診断します。また血液を直接顕微鏡で観察すれば、フィラリア成虫が見つかることもあります。獣医さんに処方をしてもらった薬は月一回服用させることを忘れないようにしましょう。

佐那河内村で動物病院をお探しでしたら、フィラリアの予防薬を使用する前に気を付けなければいけない事もあります。 フィラリアの予防薬はフィラリアにまだ感染していないペットだけが使用する事ができるのです。 そのために始めてフィラリアの予防薬を服用するペットは、フィラリアに感染していないかどうかを検査しなくてはいけません。 これはフィラリアに感染しているペットがフィラリア予防薬を使用する事で、急激に体内のフィラリアが死滅しその死骸で重いアレルギーがおこってしまう事があるからです。 これはペット達には命に関わることです。 また、フィラリアの内服予防薬は1ヵ月おきに一定の期間服用を続けなければいけません。 もし服用し忘れてしまった月があれば、同じ年に服用した今までの薬の効果が無駄になってしまうので、できるだけ早く獣医に相談する必要があります。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品も多数ご用意しております。ジェネリック医薬品とは、先発ブランド医薬品のことで、特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と同じ成分で作られ、同じ効果が期待でき、さらに価格が安いことが特徴です。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品です。新薬よりも安価に、個人輸入ができます。当店でご紹介させていただいているジェネリック商品はFDAまたはWHO cGPMの承認商品です、安心してご利用いただけます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

メスノミは1回に3個から18個の卵を産み、生涯(1年間)に数百個の卵を産みます。ノミの卵は白く、砂粒ほどの大きさなので肉眼で確認できます。動物の体の上で産んだ卵は周囲にばらまかれます。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

加齢が原因で目の水晶体の酸化が進んで、白濁していき、最悪の場合失明するという病気、白内障には「キャンC」、「シーナック」がご検討頂けます。キャンCは眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働き、白内障を治療します。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品