乙訓郡 で 動物病院

フィラリアはまれに人に感染することがあります。人にうつった場合、多くは無症状ですが、ペットと同じように咳や呼吸困難などの症状が見られることもあります。あなたが感染しないようにするためには、ペットがフィラリアにかからないように予防することが大切です。 フィラリアはフィラリアの薬を飲ますことで発症を防ぐことができます。あなたのペットに合う動物病院を見つけておくことが大切です。お住まいの乙訓郡でフィラリアの薬が買える動物病院が分からない場合は、個人輸入代行業者などを利用してみましょう。自宅からインターネットを通じて購入できるので便利だし、価格もお得です。あなたのペットに合うフィラリアの薬を選ぶサポートもしてくれるでしょう。

乙訓郡の動物病院 を探す時、どのように探しますか?動物病院やペットショップではフィラリア対策のアドバイスを行ってます。蚊といえば「夏」のイメージがありますが、蚊が活動する温度は15~38度。最近は気温が高めなので、室内では冬でも蚊を見かけることもあります。フィラリアの薬は蚊がいる期間と、蚊を見かけなくなったその次の月まで月1回服用して、その年のフィラリアを完全に取り除いてあげることが大切です。最後に1回服用しなかったために感染してしまったというケースは少なくありません。お住まいの地域によって蚊が現れる期間が異なりますので、初めてのフィラリア対策が不安な方は動物病院で投薬期間を相談してみましょう。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、乙訓郡の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品が人気です。(先発ブランド医薬品)の特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と全く同じ成分で作られているので効果も同じです。日本でのジェネリック薬の使用率は、15%程度ですが、アメリカやイギリスなど欧米諸国では、使用されている医薬品の実に6割以上が ジェネリック医薬品となっております。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック薬とは、先発医薬品(新薬)と同じ成分、効果がある後発医薬品です。カルドメックチュアブル(ハートガードプラス)は、日本と世界のトップブランド。ダイロハートはそのジェネリック医薬品で、価格はカルドメックよりも安くなります。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミは犬・猫の身体の表面で卵から孵化し繁殖します。各世代で成虫はたった5%の割合で、残りは卵・幼虫・サナギの世代であり、ノミの成虫予備軍は19倍存在することになります。屋内では卵、幼虫、サナギの掃除機による吸引、ペットの寝床の洗浄などを完全にコントロールできるまで定期的に繰り返し、ペットには定期的な駆除剤の投与を行います。

ペットを病気から守る

マイコプラズマやクラミジアを代表とする細菌を殺菌するには、「アジー100mg」がオススメです。細菌が原因の様々な病気に用いる抗生剤です。アジー100mgはジスロマック(ファイザー)のジェネリックです。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品