下仁田町 で 動物病院

下仁田町で動物病院をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

フィラリアは寄生虫です。 フィラリアは始めはとても小さな目に見えないほどの幼虫で、フィラリアに感染したイヌやネコの血液の中にいます。 この血液の中のフィラリアは、イヌやネコが蚊に刺される事で蚊の体内に移動します。 この感染したイヌやネコの血を吸った蚊が、フィラリアをまだ感染していない動物に媒介(感染させる事)するのです。 体内にフィラリアのいる蚊に刺される事で、フィラリアに感染していなかったイヌやネコの体内にフィラリアの幼虫が入ってしまいます。 このようにしてペットはフィラリアに感染してしまうのです。 下仁田町の動物病院でフィラリアからペットを守る事ができます。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、下仁田町の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、配送の際、万が一配送中の事故などで、内容物が破損したり大きな汚れが生じた場合や、注文した商品と異なっていた場合は、 再送もしくは返金を100%保証しています!

お得なジェネリック医薬品

新薬と同じ有効成分で作られた後発医薬品をジェネリック医薬品と言います。ジェネリック医薬品は、お薬の品質、有効性、安全性などの様々な厳しい基準をクリアしたお薬です。効き目、安全性が新薬と同じだと認められたお薬のみ発売されます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

メスノミは1回に3個から18個の卵を産み、生涯(1年間)に数百個の卵を産みます。ノミの卵は白く、砂粒ほどの大きさなので肉眼で確認できます。動物の体の上で産んだ卵は周囲にばらまかれます。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

犬猫がジアルジア症に感染すると主に下痢、腹痛を来すことが多いですが、この他に食欲不振や腹部膨満感などを訴えることがあります。ジアルジア症とは鞭毛虫綱に属し、腸管系に寄生する原虫です。フラジール200mgは合成抗生物質で抗原虫剤として、バクテリア感染、寄生虫感染の治療にご利用いただけます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品