あわら で 動物病院

あわら近郊で犬や猫のお薬を買うために動物病院をお探しでお困りじゃないですか?そもそも近くや最寄り駅の近くにペットの動物病院が見つからない方は多いでしょうし、見つかっても必要なペットのお薬を処方できないケースもあるでしょう。ペットのお薬の処方以外に多大な診断費用を請求されたくはないですし、動物病院の評判も気になりますね。動物病院が必要になるケースと言えば、特に多いのがペットの寄生虫対策です。犬や猫をお飼いの場合はフィラリアやノミダニ対策のお薬が毎年必要になります。春から冬前まで油断していると繁殖するので、予防薬、駆除薬は常備が必要です。大抵の動物病院ではペットのお薬を処方してくれますが、案かなジェネリック薬がない場合や、人気のフィラリア薬が在庫切れなんてこともあります。ペットのお薬は個人輸入と言って自宅から通販購入できますので、手間いらずで便利ですね。

あわらで動物病院をお探しの皆様はご存知かとおもいますが、夏の時期に心配されるのが犬フィラリア症の発症す。室内で飼っているから大丈夫などと考える人は少なくありません。しかし、実際には室内犬でも犬フィラリア症を発症することはありますから注意が必要です。犬フィラリア症の発症を予防するためにはお薬の投与が欠かせませんが、いつするのかという点も知っておくことが必要となります。蚊は気温が15℃以上のところであれば季節を問わず活動します。最近では地球の温暖化が進んでいるため、冬でもしばしば蚊を見かけるようになりました。そのため、冬だから大丈夫といった油断も危険となっています。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、あわらの場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、たくさんある駆除薬、いったいどれを選べばいいんだろう?とお悩みの方にノミマダニ駆除薬の売上ランキングをご紹介しております。フィラリア予防とノミダニ駆除が同時にできるお薬、レボリューションもランクイン!

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

世界中にノミは約1500種類,日本国内には約80種類いるといわれています。ノミには宿主適応性があり、猫にはネコノミ、犬にはイヌノミがつくとされていました。しかし現在ではそのほとんどがネコノミであると言われています。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

ペットも人間と同じように歯を磨くことが長寿の秘訣です。 現在では、1日1回飲み水に歯みがき用の液体を入れておくだけでお口のケアができる商品があります。また、歯ブラシを使用したり、歯みがき用のガムを使用するのもよいでしょう。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品