韮崎 で ペットくすり

犬・猫のお薬を韮崎で探す場合、インターネットでペットくすりの情報を探すと思います。ペットのお薬は最寄りの動物病院で処方してもらう方法と、個人輸入代行ショップから通販する方法の2つがあります。フィラリア予防薬に限らずペット薬は個人輸入と言って通販ショップを介して海外から処方箋無しで購入が認められています。フィラリアは犬猫の寄生虫でほぼ年中予防薬での対策が必要です。フィラリア薬と言えばカルドメックが有名で、案かなジェネリックではダイロハートですね。動物病院では安価なジェネリック薬は処方されなため個人輸入代行サイトから通販することができます。多忙な方や近くに動物病院が無い方もフィラリア薬やノミダニ薬などのジェネリックを自宅で通販できるので便利な時代になりましたね。

韮崎でペットくすりをお探しですか?フィラリアとは別名を犬糸状虫といい、蚊が媒介する寄生虫です。フィラリアにかかっている動物の血を吸ったフイラリア蚊に刺されると、フィラリアの幼虫が体内に入り込んで刺された動物がフィラリアに感染してしまいます。 フィラリアは心肺機能を低下させ、場合によっては死に陥る恐ろしい病気ですが、予防薬によって防ぐことができます。 フィラリアの薬を投与するためには、採血によってフィラリアに感染していないかをまず調べます。感染していなければ月に1度、薬を投与していきます。薬といってもおやつのようになっているのでペットも好んで食べます。薬を与える時期は地域によって異なりますが、基本は5~12月の間です。獣医の指示に従って正しく処方しましょう。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 韮崎でペットくすりを探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりのご利用者の70%が女性、30%が男性となっております。 ペットに対しての健康管理意識も高まり、毎年新規のお客様も多いのですが、半分以上のお客様がリピーターとして再購入してくださってます。 いつもありがとうございます!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品と新薬は同じ成分ですが、ブランド製品と同じ名前は使えません。その分コストを抑えることができるためブランドの医薬品よりも安価に、個人輸入ができます。当店でご紹介させていただいているジェネリック商品は全てFDAの承認商品です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニの駆除薬には、フロントラインプラスがオススメです。投薬後24時間でノミの成虫を駆除、マダニも48時間で駆除できます。毎月1回、肩甲骨の間にお薬を垂らすだけの簡単投与。 ノミの卵の孵化、発育までブロック!

ペットを病気から守る

ペットの白内障はこれまで手術で水晶体を除去し、人工の眼内レンズを入れる以外に効果的な治療方法はありませんでした。しかし、現在では(キャンC)Nアセテルカルノシン目薬Nアセテルカルノシン(NAC)という複合アミノ酸を目に投与することにより白内障の改善が見込めます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品