知多 で ペットくすり

知多でペットくすりは見つかりましたか?犬や猫などペットを飼っている家庭が多い割には動物病院の数が少ないのが現実です。ペットの場合、フィラリアやノミダニなど寄生虫予防、駆除は毎年の必須事項ですので、放置すると大切なペットの健康被害につながります。特に犬、猫のペットを飼っている場合、動物病院が必要になるのはやはりフィラリアやノミダニの予防や治療ですね。フィラリアやノミダニは春先から冬前までにかけて活発になるのでフィラリア予防薬やノミダニのお薬は欠かせません。動物病院が近くにある場合は良いですが、近くにない場合は通販でお薬を購入することもできます。ペットのお薬を動物病院で購入する場合は処方箋が必要ですが、お薬の個人輸入の場合、処方箋無しでもフィラリア薬やノミダニ薬のフロントラインなどを自宅から通販できるので、毎年必要なお薬は通販なら便利ですね。

フィラリアが発症してしまった場合、知多の動物病院では、どのように治療するのでしょうか。フィラリアの症状やペットの年齢や状態によって判断されますが、手術で成虫を取り出す方法、駆除薬でフィラリアの幼虫と成虫を取り除く方法、幼虫だけ取り除く方法、フィラリアによる咳や貧血を改善する対症療法などの治療が行われています。手術で取り出す場合は全身麻酔が必要で、喉の血管に管を入れて成虫を直接つまみ出していく治療になります。 いずれも、月に一回フィラリアの予防薬を服用させるよりもペットにも飼い主さんにも大変負担がかかる治療になりますので、月に一度の薬の投与でフィラリアを予防してあげましょう。あなたのペットに合ったペットくすりを見つけておくことをオススメします。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 知多でペットくすりをお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは運営歴9年。今では同様のサービスも多く参入してきていますが、この業界では一番始めにサービスを開始したということもあり、おかげさまで会員数は10万人を突破しました。どんなことでもお答えさせて頂きます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬の選び方で悩む方は少なくないと思います。チュアブルや錠剤で服用するタイプもありますし、フロントラインプラスのように、ペットの身体に垂らすだけで効果を発揮するスポットオンタイプのお薬もあります。

ペットを病気から守る

耳を非常に痒がり、しきりに掻いたり、頭を激しく振ったりしたら、耳ダニかもしれません。耳の中を見ると、黒い耳垢(ワックス状で臭いがキツイ)が沢山たまっているのが特徴です。これを放置しておくと、外耳炎や、耳の周囲にまで拡大するので早めの対策が必要です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品