真庭 で ペットくすり

真庭でペットくすりを探している場合、通販や個人輸入を考えてみるのも良いかもしれません。通販や個人輸入を利用することのメリットは、動物病院にわざわざ行かずにフィラリアの予防薬を手に入れることができるという点です。仕事などで忙しく、ペットを動物病院につれていく時間がなかなかないと感じている方にとっては便利なサービスといえるでしょう。通販や個人輸入で販売されているペット用の薬は、動物病院で処方されている予防薬と変わらないものですので安心して使うことができます。フィラリアの予防薬には、ドッグフードに混ぜるタイプや、スポットオンタイプのものなどがありますので、ペットに合わせてタイプを選ぶこともできます。

フィラリアはしっかりと薬を投与していれば発症を防げる病気です。フィラリアの薬はいろいろなタイプがありますが、口から飲むタイプと皮膚に滴下するタイプと注射剤や滴下剤タイプに大きく分けることができます。 口から飲むタイプには錠剤・粉剤・チュアブル剤などがあります。口に入れてから吐いたりせず吸収させているかなどの確認が必要ですが、長年使われている安心感や手軽さがあります。また、チュアブル剤はペットがおやつのような感覚で食べられるように製剤されており、味も美味しく抵抗なく服用してもらえるでしょう。あなたのペットにどのタイプのフィラリア薬を与えるか迷う時は真庭のペットくすりを探してみると良いでしょう。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、真庭の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 ペットくすりを忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品が人気です。(先発ブランド医薬品)の特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と全く同じ成分で作られているので効果も同じです。日本でのジェネリック薬の使用率は、15%程度ですが、アメリカやイギリスなど欧米諸国では、使用されている医薬品の実に6割以上が ジェネリック医薬品となっております。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ成分で作られた後発医薬品です。例えば、カルドメックのジェネリック医薬品には、ダイロハートがあります。有効成分、効果・効能は同じで、ブランド医薬品よりも格安で購入できます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットくすりでも扱っている「フロントラインプラス」の成分は、Fipronil(フィプロニル) 100g/L、S-Methoprene(S-メトプレン) 90g/Lです。首筋に垂らすだけ!簡単に投与が出来ます。ノミ・マダニ、シラミ、ハジラミ、成虫だけでなく、卵と幼虫の駆除に最適です。

ペットを病気から守る

犬アトピー性皮膚炎、激しい乾癬(カンセン)、腎炎症候群を含む様々な自己免疫疾患には、「アトピカ」が有効です。経口で与えるタイプですが、その際に食べ物は与えないで下さい。また食事の2時間前か後に与えて下さい。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品