板倉町 で ペットくすり

「レボリューション」はヒト用の医薬品も製造している製薬メーカーである、ファイザー社のペット用医薬品です。 フィラリア予防、ノミ予防、ミミヒゼンダニの予防ができる医薬品で、ペットの肩甲骨の間の皮膚にたらして使用するフロントラインタイプの薬剤です。 塗布して使用できるので、内服のフィラリア予防薬を食べたがらない、味が嫌いで吐き出してしまうようなペットにも楽に使用する事ができます。 日本国内で取り扱われているペット医薬品と全く同じものである海外版が、個人輸入などで入手できる場合もあります。 このような海外バージョンの医薬品はまったく同じものでありながら、国内版よりも安価な事が多くなっています。 板倉町でペットくすりをお探しでしたら、このような海外版のペット医薬品を検討するのももよいかもしれませんね。

フィラリアが発症してしまった場合、板倉町の動物病院では、どのように治療するのでしょうか。フィラリアの症状やペットの年齢や状態によって判断されますが、手術で成虫を取り出す方法、駆除薬でフィラリアの幼虫と成虫を取り除く方法、幼虫だけ取り除く方法、フィラリアによる咳や貧血を改善する対症療法などの治療が行われています。手術で取り出す場合は全身麻酔が必要で、喉の血管に管を入れて成虫を直接つまみ出していく治療になります。 いずれも、月に一回フィラリアの予防薬を服用させるよりもペットにも飼い主さんにも大変負担がかかる治療になりますので、月に一度の薬の投与でフィラリアを予防してあげましょう。あなたのペットに合ったペットくすりを見つけておくことをオススメします。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、板倉町の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 ペットくすりを忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは9年目を迎えました。長年に渡りお付き合いしているメーカーと強い繋がりがあるため、フィラリア予防薬、ノミ・ダニの駆除薬、皮膚病のお薬なども格安にご提供できるようにしております。お客様からの商品リクエストにも可能な限り対応させて頂きます!

お得なジェネリック医薬品

人間のお薬にジェネリック医薬品があるように、ペットのお薬にも動物用ジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、研究開発の期間や費用が短く、低く抑えられることから、先発医薬品に比べて安くなっています。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミはペスト、パスツレラ症、猫引っかき病など多くの疾病を媒介したり、ノミアレルギー性皮膚炎を引き起こします。ノミの被害を受けないためには早期発見と早めの駆除が必要です。フロントラインプラスは動物用ノミマダニ駆除のペット医薬品としては世界一の知名度です。

ペットを病気から守る

ペットくすりでは、国内外の動物病院で処方されている、犬アトピー性皮膚炎・脂漏症に効果的な、殺菌作用のあるシャンプーやお薬を扱っております。 犬用アトピー性皮膚炎にはアトピカをご検討いただけます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品