新潟 で ペットくすり

犬・猫のお薬を新潟で探す場合、インターネットでペットくすりの情報を探すと思います。ペットのお薬は最寄りの動物病院で処方してもらう方法と、個人輸入代行ショップから通販する方法の2つがあります。フィラリア予防薬に限らずペット薬は個人輸入と言って通販ショップを介して海外から処方箋無しで購入が認められています。フィラリアは犬猫の寄生虫でほぼ年中予防薬での対策が必要です。フィラリア薬と言えばカルドメックが有名で、案かなジェネリックではダイロハートですね。動物病院では安価なジェネリック薬は処方されなため個人輸入代行サイトから通販することができます。多忙な方や近くに動物病院が無い方もフィラリア薬やノミダニ薬などのジェネリックを自宅で通販できるので便利な時代になりましたね。

新潟でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?ペットくすりといえば、フィラリアの薬を探している方が多いですね。フィラリア症とは、フィラリア(別名:犬糸状虫)という寄生虫が原因で起こる病気です。フィラリアは蚊を媒介してうつります。フィラリアの蚊に吸血された動物にはフィラリアの幼虫が植えつけられます。フィラリア幼虫は動物の心臓めがけて移動し、さらに幼虫を生みます。それらが血液にのって全身に行き渡り、しばらく経つと血液の循環がうまく機能しなくなり様々な病気を引き起こします。 フィラリア症は、犬以外の動物でも、室内飼いの場合でもかかります。 しかしながら、きちんと投薬を続けることで予防できる病気でもあります。フィラリアの薬は蚊が飛び始めて1ヶ月後から、蚊が飛ばなくなって1ヶ月後まで、投薬します。

新潟でペットくすりをお探しでしたら、フィラリアの予防薬を使用する前に気を付けなければいけない事もあります。 フィラリアの予防薬はフィラリアにまだ感染していないペットだけが使用する事ができるのです。 そのために始めてフィラリアの予防薬を服用するペットは、フィラリアに感染していないかどうかを検査しなくてはいけません。 これはフィラリアに感染しているペットがフィラリア予防薬を使用する事で、急激に体内のフィラリアが死滅しその死骸で重いアレルギーがおこってしまう事があるからです。 これはペット達には命に関わることです。 また、フィラリアの内服予防薬は1ヵ月おきに一定の期間服用を続けなければいけません。 もし服用し忘れてしまった月があれば、同じ年に服用した今までの薬の効果が無駄になってしまうので、できるだけ早く獣医に相談する必要があります。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、配送の際、万が一配送中の事故などで、内容物が破損したり大きな汚れが生じた場合や、注文した商品と異なっていた場合は、 再送もしくは返金を100%保証しています!

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬として人気がある「フロントラインプラス」ご使用方法はとても簡単です。毎月1回。一ヶ月以上間隔があいてしまった場合にはその時点から再度月一回ご使用ください。また、フィラリア予防の効果のある「レボリューション」もオススメです。

ペットを病気から守る

加齢が原因で目の水晶体の酸化が進んで、白濁していき、最悪の場合失明するという病気、白内障には「キャンC」、「シーナック」がご検討頂けます。キャンCは眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働き、白内障を治療します。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品