小樽 で ペットくすり

小樽でペットくすりをお探しですか?ペットを飼っている人にとって、信頼のおける動物病院と出会うことにペットの命運がかかっているといっても過言ではありません。動物病院には様々な形態があります。 獣医さんが何人も常駐している大病院もあれば、1人の獣医がやっているこじんまりとした病院もあります。一般的に、大病院には最先端の医療機器が揃っており、夜中の緊急患畜を受け入れる体制も整っていたりします。個人病院では先生に相談がしやすく、待ち時間も比較的少なくて済みます。 また処置するときに、飼い主さんが処置室に入れない病院があったり、逆に飼い主さんがペットの体を抑えておかねばならない病院もあります。 何が良いのかは飼い主さんそれぞれで違ってきますので、飼い主さんやペットの性格も考慮に入れて判断していきましょう。

小樽でペットくすりをお探しの皆様はご存知かとおもいますが、夏の時期に心配されるのが犬フィラリア症の発症す。室内で飼っているから大丈夫などと考える人は少なくありません。しかし、実際には室内犬でも犬フィラリア症を発症することはありますから注意が必要です。犬フィラリア症の発症を予防するためにはお薬の投与が欠かせませんが、いつするのかという点も知っておくことが必要となります。蚊は気温が15℃以上のところであれば季節を問わず活動します。最近では地球の温暖化が進んでいるため、冬でもしばしば蚊を見かけるようになりました。そのため、冬だから大丈夫といった油断も危険となっています。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 小樽でペットくすりを探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりのご利用者の70%が女性、30%が男性となっております。 ペットに対しての健康管理意識も高まり、毎年新規のお客様も多いのですが、半分以上のお客様がリピーターとして再購入してくださってます。 いつもありがとうございます!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ安全性、成分、投与量、品質で作られています。ブランドの医薬品には決まった期間の特許がありますが、その特許期間が過ぎ、他の製薬会社により全く同じ成分、安全性で作られた安価な薬がジェネリック薬品です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬として人気の「レボリューション」は経口薬(錠剤タイプ)が苦手な犬・猫の最適な場所に垂らすだけでのスポットオンタイプです。 ノミの卵や幼虫にも効果を発揮し、ノミの再寄生を予防します!また、フィラリア予防の効果もあります。

ペットを病気から守る

加齢が原因で目の水晶体の酸化が進んで、白濁していき、最悪の場合失明するという病気、白内障には「キャンC」、「シーナック」がご検討頂けます。キャンCは眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働き、白内障を治療します。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品