富士見町 で ペットくすり

「レボリューション」はヒト用の医薬品も製造している製薬メーカーである、ファイザー社のペット用医薬品です。 フィラリア予防、ノミ予防、ミミヒゼンダニの予防ができる医薬品で、ペットの肩甲骨の間の皮膚にたらして使用するフロントラインタイプの薬剤です。 塗布して使用できるので、内服のフィラリア予防薬を食べたがらない、味が嫌いで吐き出してしまうようなペットにも楽に使用する事ができます。 日本国内で取り扱われているペット医薬品と全く同じものである海外版が、個人輸入などで入手できる場合もあります。 このような海外バージョンの医薬品はまったく同じものでありながら、国内版よりも安価な事が多くなっています。 富士見町でペットくすりをお探しでしたら、このような海外版のペット医薬品を検討するのももよいかもしれませんね。

富士見町でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?ペットくすりといえば、フィラリアの薬を探している方が多いですね。フィラリア症とは、フィラリア(別名:犬糸状虫)という寄生虫が原因で起こる病気です。フィラリアは蚊を媒介してうつります。フィラリアの蚊に吸血された動物にはフィラリアの幼虫が植えつけられます。フィラリア幼虫は動物の心臓めがけて移動し、さらに幼虫を生みます。それらが血液にのって全身に行き渡り、しばらく経つと血液の循環がうまく機能しなくなり様々な病気を引き起こします。 フィラリア症は、犬以外の動物でも、室内飼いの場合でもかかります。 しかしながら、きちんと投薬を続けることで予防できる病気でもあります。フィラリアの薬は蚊が飛び始めて1ヶ月後から、蚊が飛ばなくなって1ヶ月後まで、投薬します。

富士見町でペットくすりを探しているけれど、忙しくてなかなか動物病院に行けない、動物病院が遠い、ペットが動物病院が嫌いで、連れて行くのに一苦労、安価なジェネリック医薬品でペットの治療をしたい、そんなときにペット用の医薬品やフィラリア予防薬が通販で入手できたらとても楽ですよね。 そんな場合には個人輸入を試してみるのも良いかもしれません。 一例ですが、国内の動物病院でフィラリア予防によく処方される「カルドメック」は、海外では「ハートガード」という名前で売られています。 「カルドメック」の代わりに「ハートガード」を個人輸入する、という選択肢もあるのです。 また「カルドメック」には「ダイロハート」というジェネリックがあります。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは個人輸入代行サービスです。ご購入の方法は一般の通販サイトと変わりませんが、シンガポールからの発送となるため、商品の到着までに通常7日〜10日程かかります。届いた商品のご利用は、利用規約に基づき、ご購入者様本人(飼われているペットに)のみとさせて頂いております。

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットの状態をしっかりと把握しておくことは大切なポイントの1つですね。特に暑くなってくる時期はノミ・ダニ・マダニの要注意時期です。フロントラインプラスはスポットオンタイプでノミ・ダニ駆除、繁殖を防ぐことができるオススメのお薬です。

ペットを病気から守る

犬アトピー性皮膚炎、激しい乾癬(カンセン)、腎炎症候群を含む様々な自己免疫疾患には、「アトピカ」が有効です。経口で与えるタイプですが、その際に食べ物は与えないで下さい。また食事の2時間前か後に与えて下さい。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品