古座川町 で ペットくすり

古座川町でペットくすりをお探しですか?フィラリアの薬やノミ・ダニの薬、その他常備薬を購入するために色々お探しの方も多いと思います。もちろん動物病院で処方してもらうこともできますが、個人輸入代行という方法でお薬を手に入れることができるのをご存知ですか?例えばペットくすりのサイトを利用すれば、通常の通販と同じように買うことがでます。個人輸入代行というと、ハードルが高く感じる方がいるかもしれませんが、お客様の方に特に面倒な手続きはありません。また、価格もお安くまとめ買いに便利です!いつも使用しているフィラリアの薬やノミ・ダニの薬、その他常備薬など一度ペットくすりで探してみませんか。

古座川町のペットくすりをお探しの方は、どうやってフィラリアが感染が広がるかをご存知ですか。既にフィラリアに感染しているペットの血にはフィラリアの幼虫が住んでいますが、この幼虫はとても小さいので、感染したペットの血を蚊が吸うとフィラリアの幼虫も一緒に吸い込みます。このフィラリアの幼虫を吸った蚊が他のペットを刺すと、フィラリアの幼虫が皮膚から入りこむのでフィラリアが感染していきます。フィラリアは糸状の寄生虫で体内で大きく成長していき、成虫になると長さ30センチのそうめんのようになります。成虫は心臓に住み付いて赤ちゃん(ミクロフィラリア)を産み、それを蚊が吸って他のペットに感染させる「感染のサイクル」が繰り返されます。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 古座川町でペットくすりを探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりのご利用者の70%が女性、30%が男性となっております。 ペットに対しての健康管理意識も高まり、毎年新規のお客様も多いのですが、半分以上のお客様がリピーターとして再購入してくださってます。 いつもありがとうございます!

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

メスノミは1回に3個から18個の卵を産み、生涯(1年間)に数百個の卵を産みます。ノミの卵は白く、砂粒ほどの大きさなので肉眼で確認できます。動物の体の上で産んだ卵は周囲にばらまかれます。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

犬アトピー性皮膚炎、激しい乾癬が気になる場合は、「アトピカ」をご検討いただけます。通常4週間以内くらいはアトピカを毎日一度、または1日おきに使用してください。アトピーの兆候が軽減されてきた場合には、3~4日間毎に与えるようにしてもいいでしょう。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品