鹿児島 で フィラリア薬

鹿児島でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリア薬と言えばフィラリア予防薬、ノミダニの駆除薬を探している方が多いですね。ペット薬も私たちの医薬品と同じようにジェネリック薬が沢山あるのをご存じですか?フィラリア予防薬だとハートガードやダイロハートなどが有名で、ノミダニ駆除薬ならフロントライン、レボリューションなどのペット薬が有名ですね。ジェネリック薬の場合、日本ではまだお薬特許が切れてない場合はジェネリック薬は動物病院で処方できないですが、個人輸入で海外から通販購入する場合はそんなペット薬のジェネリックも購入できるんです。実際に最近ではペット薬を個人輸入で毎年買ってるよ、という方は右肩上がりで増えているようですね。

フィラリアはしっかりと薬を投与していれば発症を防げる病気です。フィラリアの薬はいろいろなタイプがありますが、口から飲むタイプと皮膚に滴下するタイプと注射剤や滴下剤タイプに大きく分けることができます。 口から飲むタイプには錠剤・粉剤・チュアブル剤などがあります。口に入れてから吐いたりせず吸収させているかなどの確認が必要ですが、長年使われている安心感や手軽さがあります。また、チュアブル剤はペットがおやつのような感覚で食べられるように製剤されており、味も美味しく抵抗なく服用してもらえるでしょう。あなたのペットにどのタイプのフィラリア薬を与えるか迷う時は鹿児島のフィラリア薬を探してみると良いでしょう。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、鹿児島の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 フィラリア薬を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、フィラリア予防薬などを取扱っております。日本は動物病院でしか手に入れることが出来ませんが、アメリカやその他の欧米諸国では、フィラリア予防薬、ノミマダニ予防薬などスーパーマーケットで市販されている位、安価で手に入れることが出来るのです。

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除のお薬をどのように探したらよいか分からない場合は、まずはネットで検索するという方が多いと思います。様々な種類のノミ・ダニ駆除薬を見つけることができます。動物用医薬品全般を取り扱っているペットくすりでは、フロントラインプラスが人気です。

ペットを病気から守る

加齢が原因で目の水晶体の酸化が進んで、白濁していき、最悪の場合失明するという病気、白内障には「キャンC」、「シーナック」がご検討頂けます。キャンCは眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働き、白内障を治療します。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品