高根沢町 で フィラリア薬

高根沢町でフィラリア薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリアとはペットの犬猫の大敵ペスト、いわゆる寄生虫です。毎年やってくるのでフィラリア予防薬をあげて守ってあげましょう。そんなペットのフィラリア薬ですが、ジェネリック薬もあるんです。ほぼ年中気を付けるペットの病気なので安価なジェネリック薬で予防するのも良いでしょう。ちなみにフィラリアの予防薬で有名なのはカルドメックでこのお薬のジェネリックがダイロハートと言います。ペットのサイズによって種類を選べます。ただしダイロハートはジェネリックで海外では有名ですが、日本ではまだ特許のため認可されてないので、動物病院では処方できず、個人輸入で通販することになります。個人輸入と言っても楽天のようなペット薬の通販ですが、お薬は海外から送料無料で億てくれるので安心です。あなたのペットに合ったフィラリア薬を見つけましょう。

高根沢町のフィラリア薬をお探しの方は、どうやってフィラリアが感染が広がるかをご存知ですか。既にフィラリアに感染しているペットの血にはフィラリアの幼虫が住んでいますが、この幼虫はとても小さいので、感染したペットの血を蚊が吸うとフィラリアの幼虫も一緒に吸い込みます。このフィラリアの幼虫を吸った蚊が他のペットを刺すと、フィラリアの幼虫が皮膚から入りこむのでフィラリアが感染していきます。フィラリアは糸状の寄生虫で体内で大きく成長していき、成虫になると長さ30センチのそうめんのようになります。成虫は心臓に住み付いて赤ちゃん(ミクロフィラリア)を産み、それを蚊が吸って他のペットに感染させる「感染のサイクル」が繰り返されます。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、高根沢町の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 フィラリア薬を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、フィラリア予防薬などを取扱っております。日本は動物病院でしか手に入れることが出来ませんが、アメリカやその他の欧米諸国では、フィラリア予防薬、ノミマダニ予防薬などスーパーマーケットで市販されている位、安価で手に入れることが出来るのです。

お得なジェネリック医薬品

最近では当たり前になっている「ジェネリック医薬品」。人間の薬だけでなく、動物ようのジェネリック医薬品もあります。後発医薬品といい、先発医薬品と同じ成分、同じ効果があり、そして先発医薬品より安価で手に入る所も魅力です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

メスノミは1回に3個から18個の卵を産み、生涯(1年間)に数百個の卵を産みます。ノミの卵は白く、砂粒ほどの大きさなので肉眼で確認できます。動物の体の上で産んだ卵は周囲にばらまかれます。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

「アジー100mg」は、呼吸器感染、皮膚感染、中耳炎、生殖器感染などの細菌が原因の様々な病気に効果を発揮します。マイコプラズマやクラミジアを代表とする細菌を殺菌するお薬でジスロマックのジェネリック医薬品です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品