牛久 で フィラリア薬

牛久でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリア薬と言えばフィラリア予防薬、ノミダニの駆除薬を探している方が多いですね。ペット薬も私たちの医薬品と同じようにジェネリック薬が沢山あるのをご存じですか?フィラリア予防薬だとハートガードやダイロハートなどが有名で、ノミダニ駆除薬ならフロントライン、レボリューションなどのペット薬が有名ですね。ジェネリック薬の場合、日本ではまだお薬特許が切れてない場合はジェネリック薬は動物病院で処方できないですが、個人輸入で海外から通販購入する場合はそんなペット薬のジェネリックも購入できるんです。実際に最近ではペット薬を個人輸入で毎年買ってるよ、という方は右肩上がりで増えているようですね。

牛久でフィラリア薬をお探しの皆様はご存知かとおもいますが、夏の時期に心配されるのが犬フィラリア症の発症す。室内で飼っているから大丈夫などと考える人は少なくありません。しかし、実際には室内犬でも犬フィラリア症を発症することはありますから注意が必要です。犬フィラリア症の発症を予防するためにはお薬の投与が欠かせませんが、いつするのかという点も知っておくことが必要となります。蚊は気温が15℃以上のところであれば季節を問わず活動します。最近では地球の温暖化が進んでいるため、冬でもしばしば蚊を見かけるようになりました。そのため、冬だから大丈夫といった油断も危険となっています。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 牛久でフィラリア薬をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、カルドメック、ハートガード、などのフィラリア予防薬、レボリューションなどのフィラリア予防薬とノミ・ダニ駆除薬を合わせたお薬、ノミ・ダニ駆除のお薬フロントラインなどを取扱っております。日本は動物病院でしか手に入れることが出来ませんが、個人輸入で手軽に安く買うことができます。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同じ成分で作られた後発医薬品です。例えば、カルドメックのジェネリック医薬品には、「ダイロハート錠剤タイプ」があります。かわいいハート型の錠剤でバニラの香りがします。投与の際は、ドッグフード等に混ぜて食べさせると投与が簡単になります。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミは犬・猫の身体の表面で卵から孵化し繁殖します。各世代で成虫はたった5%の割合で、残りは卵・幼虫・サナギの世代であり、ノミの成虫予備軍は19倍存在することになります。屋内では卵、幼虫、サナギの掃除機による吸引、ペットの寝床の洗浄などを完全にコントロールできるまで定期的に繰り返し、ペットには定期的な駆除剤の投与を行います。

ペットを病気から守る

急性嘔吐の予防、乗り物酔いによる嘔吐の予防には、「セレニア160mg」というお薬があります。セレニアは急性嘔吐の抑制および予防、乗り物酔いによる嘔吐の予防に効果を発揮します。胃腸疾患、腎機能障害、膵臓疾患(膵炎)、肝臓疾患(肝機能障害)による嘔吐、抗ガン剤の副作用による嘔吐に。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品