港区 で フィラリア薬

「レボリューション」はヒト用の医薬品も製造している製薬メーカーである、ファイザー社のペット用医薬品です。 フィラリア予防、ノミ予防、ミミヒゼンダニの予防ができる医薬品で、ペットの肩甲骨の間の皮膚にたらして使用するフロントラインタイプの薬剤です。 塗布して使用できるので、内服のフィラリア予防薬を食べたがらない、味が嫌いで吐き出してしまうようなペットにも楽に使用する事ができます。 日本国内で取り扱われているペット医薬品と全く同じものである海外版が、個人輸入などで入手できる場合もあります。 このような海外バージョンの医薬品はまったく同じものでありながら、国内版よりも安価な事が多くなっています。 港区でフィラリア薬をお探しでしたら、このような海外版のペット医薬品を検討するのももよいかもしれませんね。

港区のフィラリア薬を探す時、どのように探しますか?動物病院ではフィラリアの薬が購入できますが、フィラリアの薬を1か月に1回服用するには理由があります。フィラリアを予防するには蚊にさされないのが一番ですが、それは難しいのはお分かりでしょう。フィラリアの薬はフィラリアが大きくなって成虫になってしまうと十分な効果がありません。フィラリアの幼虫は50日~70日で脱皮して大きくなるので、毎月服用しておけば例え蚊にさされて感染しても、大きくなるまでに駆除ができます。 一方、フィラリアに感染しているのに気がつかずに予防薬を与えると、ショック症状が起きたり、薬の作用で死んだフィラリアが血管に詰まって突然死につながることもあるようです。

港区にあるフィラリア薬では、カルドメックというフィラリアの予防薬を取り扱っているところが多くあります。カルドメックは、動物用医薬品分野の世界におけるリーダー格的な存在であるメリアル社が販売している薬です。ちなみに、カルドメックは日本向けの商品名で、海外ではハートガードプラスという商品名で販売されています。どちらも同じ成分が含まれていて、当然ながら効能も一緒ですので、ネットショップでこれらの商品を見かけたら、安い方を購入するようにしたら良いと思います。フィラリアの予防薬を販売しているネットショップの中で信頼性が高いのはペットくすりという個人輸入代行で動物用医薬品を取り扱っているお店です。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは運営歴9年。今では同様のサービスも多く参入してきていますが、この業界では一番始めにサービスを開始したということもあり、おかげさまで会員数は10万人を突破しました。どんなことでもお答えさせて頂きます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

あなたの家の近くでノミ・ダニ駆除のお薬を購入できるところはありますか?ただ、仕事の関係でなかなか動物病院の営業時間内に行くことができない場合は、個人輸入が便利です。動物病院で利用されているフィラリアの予防薬と同じものを購入することができます。

ペットを病気から守る

犬に寄生する犬回虫を駆除するには、「ドロンタールプラス」というお薬があります。犬回虫の管理のために、出産後2週間から離乳期まで2週間ごとに雌親に使用します。子犬に対しては、2週令から2週間ごとに12週令まで使用し、その後、3ヶ月のインターバルをおいて、治療をします。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品