江東区 で フィラリア薬

フィラリアはまれに人に感染することがあります。人にうつった場合、多くは無症状ですが、ペットと同じように咳や呼吸困難などの症状が見られることもあります。あなたが感染しないようにするためには、ペットがフィラリアにかからないように予防することが大切です。 フィラリアはフィラリアの薬を飲ますことで発症を防ぐことができます。あなたのペットに合うフィラリア薬を見つけておくことが大切です。お住まいの江東区でフィラリアの薬が買える動物病院が分からない場合は、個人輸入代行業者などを利用してみましょう。自宅からインターネットを通じて購入できるので便利だし、価格もお得です。あなたのペットに合うフィラリアの薬を選ぶサポートもしてくれるでしょう。

江東区でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリア薬といえば、フィラリアの薬を探している方が多いですね。フィラリア症とは、フィラリア(別名:犬糸状虫)という寄生虫が原因で起こる病気です。フィラリアは蚊を媒介してうつります。フィラリアの蚊に吸血された動物にはフィラリアの幼虫が植えつけられます。フィラリア幼虫は動物の心臓めがけて移動し、さらに幼虫を生みます。それらが血液にのって全身に行き渡り、しばらく経つと血液の循環がうまく機能しなくなり様々な病気を引き起こします。 フィラリア症は、犬以外の動物でも、室内飼いの場合でもかかります。 しかしながら、きちんと投薬を続けることで予防できる病気でもあります。フィラリアの薬は蚊が飛び始めて1ヶ月後から、蚊が飛ばなくなって1ヶ月後まで、投薬します。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 江東区でフィラリア薬をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、たくさんある駆除薬、いったいどれを選べばいいんだろう?とお悩みの方にノミマダニ駆除薬の売上ランキングをご紹介しております。フィラリア予防とノミダニ駆除が同時にできるお薬、レボリューションもランクイン!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同じ成分で作られた後発医薬品です。例えば、カルドメックのジェネリック医薬品には、「ダイロハート錠剤タイプ」があります。かわいいハート型の錠剤でバニラの香りがします。投与の際は、ドッグフード等に混ぜて食べさせると投与が簡単になります。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

メスノミは1回に3個から18個の卵を産み、生涯(1年間)に数百個の卵を産みます。ノミの卵は白く、砂粒ほどの大きさなので肉眼で確認できます。動物の体の上で産んだ卵は周囲にばらまかれます。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

ペットくすりでは、国内外の動物病院で処方されている、犬アトピー性皮膚炎・脂漏症に効果的な、殺菌作用のあるシャンプーやお薬を扱っております。 犬用アトピー性皮膚炎にはアトピカをご検討いただけます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品