東茨城郡 で フィラリア薬

東茨城郡でフィラリア薬をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

東茨城郡でフィラリア薬をお探しですか? 地域にもよりますが、夏が近付くにつれて蚊が発生しはじめた地域もあるのではないでしょうか。 そうなって来ると、ペットと暮らす人々にとって忘れてはならないのはペットのフィラリア対策です。 対策をしていないペットが蚊に刺されてしまうと、フィラリア寄生虫に感染してしまいます。 またフィラリアに感染する事でさらに感染を拡大させてしまう危険もあります。 蚊取り線香や蚊除けの薬剤などではこのフィラリア対策は十分ではないので、フィラリア予防薬を定期的にペットにあげてペットをフィラリアから守ってあげましょう。

フィラリア薬には様々なタイプがあります。例えば、ノミ・ダニの駆除薬には背中に垂らすスポットオンタイプや錠剤タイプ、フィラリア予防薬にはおやつタイプなどがあります。フィラリアの予防接種と聞くと、首に注射しているイメージがあるかもしれませんが、今では様々なタイプが出ているので、予防薬を購入して自分でペットにあげるということも可能になっています。様々なタイプから選ぶことができますので、どんな薬がよいか考えて購入するようにしましょう。あなたが住んでいる東茨城郡にフィラリア予防薬、ノミ・ダニの駆除薬が購入できる動物病院が少ないとしても、個人輸入代行のお店ペットくすりなどで薬を購入することができる時代になってきていますので、ぜひ利用するようにしましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは他の個人輸入代行サービスとの違いは、メーカーとの関係がとても強固なことです。ペットくすりは特定のメーカーと、5年以上に渡って取引をしているため、強い信頼関係が結ばれており、いわば独占的に取り扱える商品も数多くございます。

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミは犬・猫の身体の表面で卵から孵化し繁殖します。各世代で成虫はたった5%の割合で、残りは卵・幼虫・サナギの世代であり、ノミの成虫予備軍は19倍存在することになります。屋内では卵、幼虫、サナギの掃除機による吸引、ペットの寝床の洗浄などを完全にコントロールできるまで定期的に繰り返し、ペットには定期的な駆除剤の投与を行います。

ペットを病気から守る

犬に寄生する犬回虫を駆除するには、「ドロンタールプラス」というお薬があります。犬回虫の管理のために、出産後2週間から離乳期まで2週間ごとに雌親に使用します。子犬に対しては、2週令から2週間ごとに12週令まで使用し、その後、3ヶ月のインターバルをおいて、治療をします。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品