日吉津村 で フィラリア薬

日吉津村でフィラリア薬をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

フィラリアの薬は要指示薬医薬品に指定されているので、薬局やドラッグストアで購入することはできません。フィラリアの薬は日吉津村のフィラリア薬で手に入れることができます。 フィラリア対策は蚊の季節に獣医さんにフィラリアの検査をしてもらい、フィラリアに感染していないことを確認した上で、ペットの体重に合わせた予防薬を処方してもらうのが理想です。検査は一般的には採血をして、体内にミクロフィラリアが存在するかどうかを診断します。また血液を直接顕微鏡で観察すれば、フィラリア成虫が見つかることもあります。獣医さんに処方をしてもらった薬は月一回服用させることを忘れないようにしましょう。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、日吉津村の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 フィラリア薬を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、たくさんある駆除薬、いったいどれを選べばいいんだろう?とお悩みの方にノミマダニ駆除薬の売上ランキングをご紹介しております。フィラリア予防とノミダニ駆除が同時にできるお薬、レボリューションもランクイン!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品です。新薬よりも安価に、個人輸入ができます。当店でご紹介させていただいているジェネリック商品はFDAまたはWHO cGPMの承認商品です、安心してご利用いただけます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

あなたの家の近くでノミ・ダニ駆除のお薬を購入できるところはありますか?ただ、仕事の関係でなかなか動物病院の営業時間内に行くことができない場合は、個人輸入が便利です。動物病院で利用されているフィラリアの予防薬と同じものを購入することができます。

ペットを病気から守る

犬猫がジアルジア症に感染すると主に下痢、腹痛を来すことが多いですが、この他に食欲不振や腹部膨満感などを訴えることがあります。ジアルジア症とは鞭毛虫綱に属し、腸管系に寄生する原虫です。フラジール200mgは合成抗生物質で抗原虫剤として、バクテリア感染、寄生虫感染の治療にご利用いただけます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品