大阪 で フィラリア薬

大阪でフィラリア薬をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

フィラリアはしっかりと薬を投与していれば発症を防げる病気です。フィラリアの薬はいろいろなタイプがありますが、口から飲むタイプと皮膚に滴下するタイプと注射剤や滴下剤タイプに大きく分けることができます。 口から飲むタイプには錠剤・粉剤・チュアブル剤などがあります。口に入れてから吐いたりせず吸収させているかなどの確認が必要ですが、長年使われている安心感や手軽さがあります。また、チュアブル剤はペットがおやつのような感覚で食べられるように製剤されており、味も美味しく抵抗なく服用してもらえるでしょう。あなたのペットにどのタイプのフィラリア薬を与えるか迷う時は大阪のフィラリア薬を探してみると良いでしょう。

大阪でフィラリア薬をお探しでしたら、フィラリアの予防薬を使用する前に気を付けなければいけない事もあります。 フィラリアの予防薬はフィラリアにまだ感染していないペットだけが使用する事ができるのです。 そのために始めてフィラリアの予防薬を服用するペットは、フィラリアに感染していないかどうかを検査しなくてはいけません。 これはフィラリアに感染しているペットがフィラリア予防薬を使用する事で、急激に体内のフィラリアが死滅しその死骸で重いアレルギーがおこってしまう事があるからです。 これはペット達には命に関わることです。 また、フィラリアの内服予防薬は1ヵ月おきに一定の期間服用を続けなければいけません。 もし服用し忘れてしまった月があれば、同じ年に服用した今までの薬の効果が無駄になってしまうので、できるだけ早く獣医に相談する必要があります。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりはお陰様で今年で9年目を迎えました。日頃からご利用いただいているお客様、新しくいらっしゃるお客様に気持よくお買物していただけるよう、日々努めております。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品と新薬は同じ成分ですが、ブランド製品と同じ名前は使えません。その分コストを抑えることができるためブランドの医薬品よりも安価に、個人輸入ができます。当店でご紹介させていただいているジェネリック商品は全てFDAの承認商品です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットの状態をしっかりと把握しておくことは大切なポイントの1つですね。特に暑くなってくる時期はノミ・ダニ・マダニの要注意時期です。フロントラインプラスはスポットオンタイプでノミ・ダニ駆除、繁殖を防ぐことができるオススメのお薬です。

ペットを病気から守る

外耳道に耳垢や汚れがたまっているのを発見したら、コットンボールやガーゼを使って優しく拭きとってあげましょう。耳掃除を嫌がる犬・猫には、専用の液体を耳に入れ、根元をマッサージするだけでキレイになる商品もあります。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品