中央区 で フィラリア薬

中央区でフィラリア薬をお探しですか?ペットを飼っている人にとって、信頼のおける動物病院と出会うことにペットの命運がかかっているといっても過言ではありません。動物病院には様々な形態があります。 獣医さんが何人も常駐している大病院もあれば、1人の獣医がやっているこじんまりとした病院もあります。一般的に、大病院には最先端の医療機器が揃っており、夜中の緊急患畜を受け入れる体制も整っていたりします。個人病院では先生に相談がしやすく、待ち時間も比較的少なくて済みます。 また処置するときに、飼い主さんが処置室に入れない病院があったり、逆に飼い主さんがペットの体を抑えておかねばならない病院もあります。 何が良いのかは飼い主さんそれぞれで違ってきますので、飼い主さんやペットの性格も考慮に入れて判断していきましょう。

フィラリアは寄生虫です。 フィラリアは始めはとても小さな目に見えないほどの幼虫で、フィラリアに感染したイヌやネコの血液の中にいます。 この血液の中のフィラリアは、イヌやネコが蚊に刺される事で蚊の体内に移動します。 この感染したイヌやネコの血を吸った蚊が、フィラリアをまだ感染していない動物に媒介(感染させる事)するのです。 体内にフィラリアのいる蚊に刺される事で、フィラリアに感染していなかったイヌやネコの体内にフィラリアの幼虫が入ってしまいます。 このようにしてペットはフィラリアに感染してしまうのです。 中央区のフィラリア薬でフィラリアからペットを守る事ができます。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 中央区でフィラリア薬をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、フィラリア予防薬などを取扱っております。日本は動物病院でしか手に入れることが出来ませんが、アメリカやその他の欧米諸国では、フィラリア予防薬、ノミマダニ予防薬などスーパーマーケットで市販されている位、安価で手に入れることが出来るのです。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、有効性や安全性が実証されてきた新薬(先発医薬品)と同等と認められた医薬品です。新薬には莫大な研究費や歳月がかかりますが、後発医薬品は研究にかかる期間が短いため、その分費用も安く抑えられます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬の選び方で悩む方は少なくないと思います。チュアブルや錠剤で服用するタイプもありますし、フロントラインプラスのように、ペットの身体に垂らすだけで効果を発揮するスポットオンタイプのお薬もあります。

ペットを病気から守る

ペットの薬を選ぶ際に把握しておきたいポイントが、ペットのサイズ、年齢、好みなどです。味付けがミルク味やビーフ味、バニラの香りがするものなど様々なタイプのものがありますので、わんちゃんの好みを考えた上で購入するようにしましょう。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品