三浦 で フィラリア薬

三浦でフィラリア薬をお探しですか?ペットを飼っている人にとって、信頼のおける動物病院と出会うことにペットの命運がかかっているといっても過言ではありません。動物病院には様々な形態があります。 獣医さんが何人も常駐している大病院もあれば、1人の獣医がやっているこじんまりとした病院もあります。一般的に、大病院には最先端の医療機器が揃っており、夜中の緊急患畜を受け入れる体制も整っていたりします。個人病院では先生に相談がしやすく、待ち時間も比較的少なくて済みます。 また処置するときに、飼い主さんが処置室に入れない病院があったり、逆に飼い主さんがペットの体を抑えておかねばならない病院もあります。 何が良いのかは飼い主さんそれぞれで違ってきますので、飼い主さんやペットの性格も考慮に入れて判断していきましょう。

三浦でフィラリア薬をお探しですか?フィラリアとは別名を犬糸状虫といい、蚊が媒介する寄生虫です。フィラリアにかかっている動物の血を吸ったフイラリア蚊に刺されると、フィラリアの幼虫が体内に入り込んで刺された動物がフィラリアに感染してしまいます。 フィラリアは心肺機能を低下させ、場合によっては死に陥る恐ろしい病気ですが、予防薬によって防ぐことができます。 フィラリアの薬を投与するためには、採血によってフィラリアに感染していないかをまず調べます。感染していなければ月に1度、薬を投与していきます。薬といってもおやつのようになっているのでペットも好んで食べます。薬を与える時期は地域によって異なりますが、基本は5~12月の間です。獣医の指示に従って正しく処方しましょう。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 三浦でフィラリア薬をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、フィラリア予防薬などを取扱っております。日本は動物病院でしか手に入れることが出来ませんが、アメリカやその他の欧米諸国では、フィラリア予防薬、ノミマダニ予防薬などスーパーマーケットで市販されている位、安価で手に入れることが出来るのです。

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬を探す時、みなさんはどのようにして情報を集めているでしょうか?きっと、多くの方はネットを使って費用や効果、さらにはそこの評判などを調べると思います。お薬の情報を集めておくと、やはり安心感が違うものです。

ペットを病気から守る

フィラリアの予防薬などは、ペットが病気にならないために必要なことですが、その際にも食べやすいカタチのものを選びたいと思います。おすすめなのは、おやつのように食べることができるチュアブルタイプの予防薬です。わんちゃんが薬だと認識しないタイプなので、確実に食べてくれます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品