三島郡 で フィラリア薬

三島郡でフィラリア薬を探している方の多くが犬か猫を飼われているんではないでしょうか。中でも多いペットの症状がフィラリア、ノミダニに代表されるペットの寄生虫です。中でもフィラリアには要注意です。春から冬前まではフィラリア予防薬でしっかり対策してあげましょう。動物病院でフィラリア予防薬やノミダニ駆除薬の処方は可能ですが、近くに動物病院がない場合やあっても効果的なフィラリア薬が売り切れている場合などもありますので、常にペット薬は自宅に常備しておくと安心ですね。ちなみにペット薬のフィラリア予防薬ハートガード、ダイロハート、カルドメックなど有名なペット薬は個人輸入で通販することもできます。自宅から通販して自宅に発送してくれるので多忙な方にはとても便利ですね。

フィラリアの薬は要指示薬医薬品に指定されているので、薬局やドラッグストアで購入することはできません。フィラリアの薬は三島郡のフィラリア薬で手に入れることができます。 フィラリア対策は蚊の季節に獣医さんにフィラリアの検査をしてもらい、フィラリアに感染していないことを確認した上で、ペットの体重に合わせた予防薬を処方してもらうのが理想です。検査は一般的には採血をして、体内にミクロフィラリアが存在するかどうかを診断します。また血液を直接顕微鏡で観察すれば、フィラリア成虫が見つかることもあります。獣医さんに処方をしてもらった薬は月一回服用させることを忘れないようにしましょう。

三島郡でフィラリア薬を探しているけれど、忙しくてなかなか動物病院に行けない、動物病院が遠い、ペットが動物病院が嫌いで、連れて行くのに一苦労、安価なジェネリック医薬品でペットの治療をしたい、そんなときにペット用の医薬品やフィラリア予防薬が通販で入手できたらとても楽ですよね。 そんな場合には個人輸入を試してみるのも良いかもしれません。 一例ですが、国内の動物病院でフィラリア予防によく処方される「カルドメック」は、海外では「ハートガード」という名前で売られています。 「カルドメック」の代わりに「ハートガード」を個人輸入する、という選択肢もあるのです。 また「カルドメック」には「ダイロハート」というジェネリックがあります。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品も多数ご用意しております。ジェネリック医薬品とは、先発ブランド医薬品のことで、特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と同じ成分で作られ、同じ効果が期待でき、さらに価格が安いことが特徴です。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ成分で作られた後発医薬品です。例えば、カルドメックのジェネリック医薬品には、ダイロハートがあります。有効成分、効果・効能は同じで、ブランド医薬品よりも格安で購入できます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットくすりでも扱っている「フロントラインプラス」の成分は、Fipronil(フィプロニル) 100g/L、S-Methoprene(S-メトプレン) 90g/Lです。首筋に垂らすだけ!簡単に投与が出来ます。ノミ・マダニ、シラミ、ハジラミ、成虫だけでなく、卵と幼虫の駆除に最適です。

ペットを病気から守る

バクテリア感染、寄生虫感染の治療には、合成抗生物質で抗原虫剤として「フラジール200mg」がご検討いただけます。犬猫のジアルジア症に処方されます。日本ではアスゾールという名称です。ジアルジア症とは鞭毛虫綱に属し、腸管系に寄生する原虫です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品